YouTube外注化マニュアル

YouTubeでの収益増加を加速化させるために、外注化は非常に大きな手段としてあげられます。

  • 動画編集
  • サムネイル作成
  • 動画のネタに関する情報収集

など外注に任せられる部分は積極的に外注化すべきです。

特に近年はYouTubeが組織化してきており、個人で活動している参入者は衰退してきている傾向にあります。

具体的には、ビジネス系YouTuberはほぼ全員編集は外注化していますし、ヒカルさん、ラファエルさんなどエンタメ系YouTuberも組織化が目立ちます。

この時代の流れからしても、これからYouTubeで稼いでいこうと思っているなら、外注化は必須だと言えるでしょう。

外注化することによるメリット

外注化することによるメリットをあげると

  • あなた自身の時間が作れる(動画投稿頻度が上げられる、戦略・分析に時間があてられる)
  • 専門の人に任せることでクオリティが上げられる

主としてはこれらがあげられます。

 

特にYouTubeで一般的に最も時間がかかるのが動画の編集です。

こちらは確実に外注化することが必須な項目になります。

また自分自身の編集技術がない人などは、時間ができる云々よりも、そもそも動画のクオリティをあげることができるメリットがあります。

私自身が外注化した結果を紹介

私自身YouTubeチャンネルを複数運営しています。

1番初めに作成したチャンネルでは立ち上げてから3ヶ月で

  • チャンネル登録者1000人越え
  • 月収益10万円越え

を達成することに成功しています。

 

その後、2つ目のチャンネルでは、わずか10日ほどで収益化条件(視聴時間4000時間・チャンネル登録者数1000人)をクリアし、その後は1ヶ月で7000人~8000人ペースで増えていっています。

月間再生回数は300万回を超え、右肩上がりに収益が増え続けています。

いずれの結果も外注化をしていた恩恵が大きいです。

動画編集、サムネイル画像作成等、自分がやる必要のないところを外注に任せることで
動画の撮影や戦略を練る方に力を注ぎかつ動画投稿のペースをあげることができました。

しかし、一言で外注といっても、

  • どこで募集をかけるのか?
  • 幾らで募集するのか?
  • どうやってお願いするのか?
  • 円滑にコミュニケーションをとるにはどうすればいいのか?

など、実はかなり奥が深いです。

 

ポイントを抑えて行わないと、外注化しているのにかえって手間がかかってしまうパターンも大いにあり得ます。

そこで私が試行錯誤の末たどり着いた、YouTubeの動画編集をはじめとする効率的な外注化を行う方法をまとめたマニュアルを公開します。

 このコンテンツを見て分かること

・良い外注が見つかりやすいクラウドソーシングサイト
・時間を無駄にしない効率的な募集の仕方
・募集時にこれだけは抑えておきたいポイント
・良い外注の特徴
・契約後のコミュニケーションの仕方と管理方法

ざっくりとこのような流れで、1万字以上、図解入りで解説したコンテンツで値段以上の内容であることは保証します。

これから外注化を検討しているという方は
効率的に良い人を見つける大きな手助けになるコンテンツ内容です。

あとは純粋に僕がどういう風に外注化しているのか知りたいって人はかなり細かくガッツリ書いてるので参考になると思います。

なお、マニュアルは随時アップデート&料金値上げを行いますが、ご購入いただいている方は無料でそのまま購読が可能です。

製品情報

テーマ名 YouTube外注化マニュアル
販売価格 ¥1000円(税抜)
内容 YouTubeの動画編集・サムネ外注募集の具体的なやり方です。
実際に僕自身がどのように外注を雇い利用しているのかを解説しています。
決済方法 クレジットカード(paypal一括決済)
その他 銀行振込ご希望の場合やご不明点がある場合はお気軽にお問い合わせください。

※クレカ決済の場合、購入後すぐにメールでコンテンツをお届けします。